フォト
無料ブログはココログ

memo

  • 本体価格と設置費用
  • アニメのBGM

日記・コラム・つぶやき

2017年8月15日 (火)

お盆休み2

お盆休み最後の日は生まれてはじめての会津へ!

同居していた祖母の出身地ということもあり、ずっと行って見たかった街の一つ。
城下町ならではの古い建物や漆器などの文化
自然の恵みがもたらす美味しい水、米、蕎麦、酒、温泉
素晴らしい処です!!
飯盛山から城下町を望む
Img_3934



天下の名城、鶴ヶ城
「荒城の月」モデルの一つとされる
Img_3953
会津は蕎麦どころ
十割蕎麦。驚くほどコシがあり喉越しが良い^^
Img_3984


会津名物、ソースカツ丼^^
市内にはソースカツ丼のお店が沢山!
Img_3982
会津松平候の庭園、御薬園
Img_4063
洋館や古い建物が多く残っていて、それらを利用したお店があり街歩きが楽しい!
Img_4044_2
Img_4046
会津壹番館。ここは元々野口英世博士が手の手術を受けた「旧会陽医院」というすごいカフェ!
Img_4034
会津壹番館の酒粕プリン
とても美味!!
Img_4035

城下町を後にし、湯煙立ち込める芦ノ牧温泉へ
Img_4093
翌日は渋滞なくスムーズに帰京できました^^

またゆっくりと会津に訪れたいと思います!!

お盆休み1

毎年夏休みは自由業のメリットを生かして9月か10月に取るのだけど、今年は思い切ってお盆時期に夏休みで福島市へ!


幸い東京首都圏を抜けると渋滞なく。


地元の美味しいものと温泉に癒される^^



地元のみそ焼きおにぎりと豚汁
Img_3891
街中は桃で溢れています。さすが全国2位!
「あかつき」という品種が旬でとても美味しい^^
Img_3914
Img_3902

福島市は火山が周りに多く、温泉も豊富!
山間にある秘湯、幕川温泉
白濁して硫黄の香漂う
Img_3881


飯坂温泉の公共浴場「導専の湯」
200円で入浴できます。
地元の方々のコミュニケーションの場^^
Img_3876
2に続く

2017年8月 9日 (水)

「ビリー・エリオット」観劇

今日は赤坂にてミュージカル「ビリー・エリオット」を観劇!

Img_3859

きめ細やかな演出とわかりやすい音楽で素晴らしい舞台、色々と勉強にもなりました。
これからも是非続けられて、男性ミュージカル俳優人口が増えるきっかけになって欲しいです。

主役のビリーは熊本子どもミュージカルでの教え子、未来和樹君。
歌にダンスにお芝居に大活躍!
時折 彼とビリーの生い立ちが重なって見えた。これからの更なる活躍に期待!
カーテンコール後 撮影OKのコーナー。こういうのも良いですね(^^)
Img_3860
ミュージカル「ビリー・エリオット」公式web site

2017年7月13日 (木)

虹!

夕方のお天気雨。
ふと外を見ると大きな虹!
思わず外に飛び出て見に行きました。
道行く人は大人も子どもも見惚れていました(^^)

P7130008

2017年7月11日 (火)

パンケーキ!

ここ最近は3作の新作作曲、そして5本の公演稽古に勤しむ日々。

昨日は息抜きにパンケーキが食べたくなり相模原へ。
可愛いハワイアンカフェ「Ohana」でティラミスパンケーキ、美味しかったです(^^)

Img_3755

Img_3757

帰りがけに美味しそうなお蕎麦屋さん「鷺ひら」を見つけ躊躇なく入店。せいろを頂く。コシがあり絶品でした!

Img_3764


なんだかデザートと夕食の順が逆になったような(^^;)
引き続き頑張らねば!

2017年6月28日 (水)

梅雨の夕焼け

最近は新作2本の作曲に勤しむ毎日。
先日の雨上がりの夕焼け、綺麗でした^^

P6259943

2017年6月18日 (日)

Berklee reunion!

Berklee reunion in Tokyo!
今宵はボストン留学時のインドネシアの友人が来日してくれたので一献。
彼は自国でCM音楽制作に追われる日々。
お互い良い曲を書こうと別れました。
明日からまた頑張ります(^^)

Img_3705

2017年6月11日 (日)

秦野の出雲さん

今日はお休みをとって秦野にある出雲大社相模分祀に参拝!

Img_3669
日頃のご縁に感謝m( __)m

Img_3671
祓社も境内にあります。
Img_3672
本家の拝殿を思わせる造りで初めてなのに親近感(^^)
穏やかなエネルギーに満ちていて、とても癒されました!
Img_3677
敷地内にある湧水。とてもまろやかでおいしいお水でした^^
Img_3684
帰りは温泉に立ち寄り。こちらは「かぶと湯温泉」の一軒宿。源泉かけ流しでお肌すべすべです^^

2017年6月 9日 (金)

月待ち

今宵は満月!
昔の人々は満月だけでなく、色んな月を皆で待って拝んでいたそうです。
さやけき光に心が洗われました(^^)

P6099884

2017年6月 7日 (水)

音楽教室からの使用料徴収について

Jasracが2018年1月より音楽教室から使用料を徴収開始するそうだ。
楽曲使用料徴収は「先生が指導のために演奏するものも、生徒が練習で演奏するものも含む」とのこと。

私はJasracに楽曲を信託している立場だが、正直申し上げてこれには賛同できない。

なぜならば、音楽教室での演奏は、その楽曲を演奏するためというよりは、演奏技術の向上が目的だからだ。その曲を演奏して対価を得ようという話とは異なる。
技術向上の一環として利用する分には無償で良いのではないかと言うのが私の意見である。ましてや楽譜をきちんと購入して行っているのであれば尚更である。

音楽教室や権利者の相互協力のもと、音楽愛好者が好きな楽曲を自由に練習できる環境を作ることは今後の音楽の発展にとってとても大切なことのように感じる。

また、年間売上や月間売上に応じての包括的な徴収も予定されているようだが、これでは全曲報告でない限り実際に使用された楽曲が明らかにならないので、作者に利益還元されることも出来ないだろうから反対である。

ただしJasrac会長の発言「クリエーターに対する敬意を世の中にもっと持ってもらいたい」はその通りだと思っている。音楽は無形だけど、創ることに関して有形のものと変わらない労力や技術・時間がかかる。音楽を創ることは、例えばビルを建てるのと違い、人知れず作業することがほとんど。作業が見えないからといってそこに労がなかったということにはならない。
音楽に限らず無形の創造物への作業について、敬意(尊敬するということではなく、見えない労を認める)をきちんと持ってもらいたい。

これは教育現場できちんと子どもたちに教えていく必要があると感じるし、教育者に対しての教育ももちろん必要である。

出典:日本経済新聞

より以前の記事一覧