フォト
無料ブログはココログ

memo

  • 本体価格と設置費用
  • アニメのBGM

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月12日 (水)

小学校での歌唱指導とミニコンサート

今日は横浜市のプラットホーム事業にお声掛け頂き 市内の小学校で歌唱指導とミニコンサートをやってきました。
演奏はオロチーズ仲間のお二人、ピアノ伊藤恵子さん、パーカッション本間修治さんと私の歌・ベース。
子どもたちがとても楽しそうに聴いてくれて、最後はアンコールがかかり嬉しいひと時!
Img_5801



授業風景。
子どもたちのキラキラした眼が印象的でした。
終了後は子どもたちから「次はいつ来てくれるの~?」と言ってもらえて嬉しかった(^^)
Img_5804


久しぶりの給食も美味しく頂きました(^^)
Img_5797

2018年9月 7日 (金)

お見舞い申し上げます

昨日の北海道での大地震で被災した方々、そして現在不便な生活を送られている方々、心よりお見舞い申し上げます。

2011年の東日本大震災で電力不足が深刻だった時期に子どもミュージカルの歌唱指導で札幌に行った際、お母さま方から「東京は大変でしょうから、ゆっくりしていってください」とお声かけ頂き、その言葉にとても癒されたのを覚えています。
一日も早く平穏な生活が戻ることを心よりお祈りしております。

2018年9月 3日 (月)

朗読ミュージカル 山崎陽子の世界

音楽担当舞台のご案内です!

朗読ミュージカル 山崎陽子の世界

日時 : 2018年10月5日(金)14:00-,18:30-、10月6日(土)11:30-,15:30-
(開場30分前)


会場:紀尾井小ホール
地図

料金 :
6,500円(全席指定)


1台のピアノ以外は装置も小道具もない舞台で、一人で歌い演じる「文学、音楽、演劇」が一体となった独特の世界。平成13年度文化庁芸術祭大賞受賞。

今回は4名、4話の朗読ミュージカル。


私は光枝明彦さん演じる2話目「茜の空ふたたび」で音楽を担当させて頂いています。

この脚本は本当に素晴らしい!必見です!

山崎陽子先生の作品はどれもがユーモアたっぷりで、最後はホロっとさせられます。



名優たちがたった独り、本気で演じる朗読ミュージカルは圧巻です。

皆さま是非お越し下さいm(_ _)m



その他詳細は

オフィス・ディーバ ホームページ 

http://roudoku-musical.com/

オフィス・ディーバ tel : 03-6429-3560


Roudoku_2018_tokyo

2018年9月 2日 (日)

アイバンクミュージカル「パパからもらった宝もの」埼玉公演終演

昨日はわかさ生活アイバンクミュージカル「パパからもらった宝もの」埼玉公演が無事終演!
Img_5731


Img_5732


会場は満席で、内容も素晴らしいものが出来、多くの方々にご覧いただけたことを嬉しく思います。

11年続いたこの舞台、残すは10/2名古屋公演のみ、お近くの方、感動の舞台を是非ご覧ください!
毎年恒例になっているアイバンクミュージカル「パパからもらった宝もの」、今年は埼玉と名古屋で上演致します!
2008年初演のこのミュージカルは一言で説明すると角膜移植についてのお話ですが、専門的だったり難しいストーリーでは決してありません。
角膜を提供する側、移植を行う側、角膜を提供される側のそれぞれの生き様や思いが生き生きと描かれており、私も上演のたびに「命の尊さ」や「見える幸せ」について深く考えさせられます。
毎年多くの方にご覧頂き今回はなんと11年目。
そしてこの愛すべき作品は今回が最後の上演となります。
是非この機会にご覧頂ければ幸いです。
皆さまのご来場をお待ちしています。
わかさ生活 アイバンクミュージカル「パパからもらった宝もの」 
 
名古屋:
日時 : 2018年10月12日(金) 開場13:15
講演 世界一受けたい目の授業  14:00-14:20
開演 14:30-17:00
 
 
料金 : 大人2,000円(2枚以上の場合は、1枚1,500円)、小学生以下無料、視覚障がいの方・介助者無料
全席自由席  
*3歳以下のお子様はご遠慮ください。
 
チケット代金は全額アイバンクに寄付し、一人でも多くの方に光を取り戻していただくための活動に役立てられます。
今年のアイバンクミュージカルは、視覚に障がいがある方も一緒に楽しめる 「音声ガイド」の観劇サポートをご用意しております。 舞台上の風景や登場人物の動き、表情などを音声で解説します。
※台数に限りがございますので、ご利用の方は事前のお申し込みが必要です。(埼玉公演7月31日、名古屋公演8月31日締切りとなります。)
原作:坪田一男
脚本:嶽本あゆ美
演出 :青砥洋
音楽:片野真吾・薮内智子
振付:中尾弘隆
出演:劇団BDP、児童劇団「大きな夢」 他

主催:移植・再生医療を支える会
特別協賛:(株)わかさ生活
詳細はこちらをご覧下さい
-光を求める人々と、それを支える医療スタッフを描く-
チケットのお求め、お問い合わせは
㈱わかさ生活 0120-132-034
9:00-18:00(日祝除く)
Eyebank_nagoya_20181


Eyebank_nagoya_20182

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Web Site