フォト
無料ブログはココログ

memo

  • 本体価格と設置費用
  • アニメのBGM

« オロチーズ皐月コンサート終演! | トップページ | 月待ち »

2017年6月 7日 (水)

音楽教室からの使用料徴収について

Jasracが2018年1月より音楽教室から使用料を徴収開始するそうだ。
楽曲使用料徴収は「先生が指導のために演奏するものも、生徒が練習で演奏するものも含む」とのこと。

私はJasracに楽曲を信託している立場だが、正直申し上げてこれには賛同できない。

なぜならば、音楽教室での演奏は、その楽曲を演奏するためというよりは、演奏技術の向上が目的だからだ。その曲を演奏して対価を得ようという話とは異なる。
技術向上の一環として利用する分には無償で良いのではないかと言うのが私の意見である。ましてや楽譜をきちんと購入して行っているのであれば尚更である。

音楽教室や権利者の相互協力のもと、音楽愛好者が好きな楽曲を自由に練習できる環境を作ることは今後の音楽の発展にとってとても大切なことのように感じる。

また、年間売上や月間売上に応じての包括的な徴収も予定されているようだが、これでは全曲報告でない限り実際に使用された楽曲が明らかにならないので、作者に利益還元されることも出来ないだろうから反対である。

ただしJasrac会長の発言「クリエーターに対する敬意を世の中にもっと持ってもらいたい」はその通りだと思っている。音楽は無形だけど、創ることに関して有形のものと変わらない労力や技術・時間がかかる。音楽を創ることは、例えばビルを建てるのと違い、人知れず作業することがほとんど。作業が見えないからといってそこに労がなかったということにはならない。
音楽に限らず無形の創造物への作業について、敬意(尊敬するということではなく、見えない労を認める)をきちんと持ってもらいたい。

これは教育現場できちんと子どもたちに教えていく必要があると感じるし、教育者に対しての教育ももちろん必要である。

出典:日本経済新聞

« オロチーズ皐月コンサート終演! | トップページ | 月待ち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽教室からの使用料徴収について:

« オロチーズ皐月コンサート終演! | トップページ | 月待ち »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Web Site